スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RESCUE漬け

オープニングの工場爆発のシーンで

怪我をした不動=山本君が

自分を残して先に逃げろと言ったとき


「スーパーレンジャーは 必ず生きて帰るんだ」

大地=ゆっちが言ったその言葉が

きっとこのドラマのテーマなんじゃないかなあと思いました


とにかく主演ドラマだということが

なによりも嬉しくて

それだけで舞い上がっていたけれど

昨日は一日中何度も何度もRESCUEを見続けていて

見れば見るほど

なにか胸に響くものがあって

感動が幾度も幾度も押し寄せてきました



誰かのために役立つことを仕事と出来ることは

とてもすばらしいことだし

どんな職業でも

家庭においても

人は誰かの役に立ちたいと思うものだけど


果たして

人のために命を懸けることができる人間は

そうたくさんはいないんじゃないでしょうか


そう考えたとき

自らの命を危険にさらしても

人の命を助けようとしてくれる

消防士さんや救助隊の方々は

本当にすごいなあと

心から尊敬します


ドラマのなかでも

何度もくりかえし出てきた

「救う命と救われる命」

そのどちらが大切なのかということ

それは間違いなく

どちらも変わりなく大切だということ

だからこそ

スーパーレンジャーは

人を助けると同時に

必ず生きて帰らなければならないんですよね

そのためには

人間の力ではとうてい及ばないような

水や火の猛威

土砂くずれや有毒ガス

あらゆる危険を敵にまわしても

それに戦い勝つための

身体的能力と精神力を鍛えあげておかなくてはならないんだね







ゆっちやマッスーたち

若手俳優人もみんな体当たりの演技で

とってもよかったけど

周りを固めるベテラン人がとにかく素敵だった


未熟さゆえの過ちや挫折

それをくりかえしながらも

必死でがんばっていく大地たちを


厳しくも深い愛情で見守ってくれる姿が


実際の演技者としての新人中丸雄一を

温かく見守ってくださる役者の先輩方

そんな風にもかんじられて


それにもまた胸が熱くなるのです



最初に主演ドラマだと聞いたときに

どうしてそんな高いハードルを与えられるのかと

本当に胸が苦しくなったのが事実です

だけど

ゆっちはまたそのハードルを越えてしまったんだよね


何事にも熱くて

考えるよりも先に行動に出てしまう

だけど人一倍優しい

そんな大地は

実際のゆっちとは違うと思っていたけど



独学でビートボックスを習得したり

24歳で大学に挑戦したり

演技の経験が少ない中で連ドラ主演を体当たりでがんばったり

もしかしたら

ゆっちのなかにある

熱い思いと頑張りやさんのところは

大地そのものなのかもと

そんな気もしてきました


中丸雄一とおなじくらいに

北島大地が愛しいです


実際に見たドラマは

想像以上に過酷な撮影シーンばかりでした

どうか

身体だけは気をつけて


チームRESCUE力を合わせて

これからの撮影も頑張ってね

ジャー(^-^ゞ
スポンサーサイト

ランキング

ランキング参加中です!よろしくお願いします~

夢を叶えるための名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

プロフィール

ふるるん

Author:ふるるん
KAT-TUNと中丸雄一くんを熱く応援中

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

輪になって光る星

ブログ内検索

RSSフィード

KAT-TUNマシンガントークⅠ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。